華麗なる逆襲!AIの盲点を突いた奇策でデザイン盗用にガチ対策♪

華麗なる逆襲!AIの盲点を突いた奇策でデザイン盗用にガチ対策♪

昨今話題になっているデザインの盗用。

今やAIで自動にデザインが盗まれる仕組みがあるそうです。

それに対し奇策で反撃したというニュースが面白かったのでご紹介~。
d(゚∀゚d)GJ

スポンサーリンク
doga_respo




デザインの盗用?

まぁいわゆるパクリとかの話ですよね。参考動画はこちら。

「劇場ロゴとは全く別物」 組織委が五輪エンブレム原案公表

あぁありましたねーw。とまぁこんな感じですよね。これで一応動画世代としての責務は果たしたかなと♪

AIによる自動盗用?

まずここから知りませんでしたw。それってどういうこと?って思ったのですが、つまりはこうです。

Twitter上で「それTシャツにしたい」とか「このデザインをTシャツにして」というフレーズがコメントに入ると、どうやらクロールしているボットがその元ツイートにあるデザインを、片っぱしから盗作してはオリジナルTシャツ販売サイトで売りさばいているようだと、話題になりました。

https://www.gizmodo.jp/2019/12/i-want-that-on-a-t-shirt.html

ギズモードさんからのネタですねー。

なるほど!twitter上にTシャツにしてというコメントに反応して、それをプリントした(イメージの)Tシャツが出回るということですね。

プリントT用のモックの上に拾った画像をはめ込んで、実際注文があったらそれをプリントした現物を作ってお届けってことなんですね。なるほどなるほど!

N氏は仮説をたてた?

星新一に倣いN氏としましたが、アカウント名はでてました。

そこで、アーティストの@Hannahdoukenさん(Twitterアカウント名)はあることを思いつきました。「Tシャツを作って」というつぶやきで、ボットが自動的に面白い作品を自動的に集めているだけということは、Tシャツに実際にプリントされるコンテンツまではチェックしていないのではないかという仮説を立てたのです。

https://www.gizmodo.jp/2019/12/i-want-that-on-a-t-shirt.html

おわかりいただけただろうか。つまり内容までは見てないじゃね?じゃぁ面白いこと書いて販売させたろ♪といういたずら心が持ち上がった感じです。

「このサイトでは芸術作品を盗作しています。ここのTシャツは絶対に購入しないでください」

するとどうでしょう。ちゃんと販売開始されてましたwww。これはグッジョブです♪
d(゚∀゚d)GJ

ということで以下クリエイターのみんなたちの素敵なアイデアをご覧ください。

ミキさん使いよったでw

AIは優秀ですからね、ちゃんと仕事してました。

あれ?これはかなりアウトじゃないですか?

なるほどなるほど。

AIによる自動盗用に華麗なる反撃まとめ

ということでネット上に蔓延する問題を素敵なアイデアで解決?したような気分になれたお話でした。

あとはミキさんとこの法務部的な部署がウオーミングアップを始めるかどうかってところですよね。じゃないと根本的な解決にはなってないですからね。

まぁこれが放置されたとしてもTシャツの売り上げは多少下がるのかなー。してやったり?なん?
(´・ω・`)ふーむ

スポンサーリンク
doga_respo




doga_respo




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする